はこぎ歯科

兵庫県洲本市の歯科医院【はこぎ歯科】
審美歯科・インプラントなど歯科治療の事ならお任せ下さい。

電話で診察・相談のご予約
インターネット予約
洲本市のはこぎ歯科

口腔外科

診療案内

お口や顎に関する症状で
お困りの方へ

お口の周辺で気にかかる症状が見られるけれど、どの病院に行ったらいいのか分からない
通ったこともあったけれど原因がわからなかった
このような経験はございませんか?
あまり知られていないのですが、お口の色々なトラブルは歯科医院で対処できることが数多くあります。
お口や顎に関して気掛かりなことや心配なこと、お困りなことがある場合はまずは症状や状況を詳しくお聞かせください。
細部にわたって検査したのちに、最も適した治療法を提案させていただきます。

口腔外科って?

お口やあご、
その周辺のトラブル

口腔外科とは、虫歯や歯周病とは違った、お口やあご、その周りの疾患を改善する外科的歯科治療です。はこぎ歯科では、親知らずの抜歯をはじめ、顎関節症、口腔粘膜疾患(口内炎)、事故やケガなどによる歯の破折や口内の外傷まで、多様な症例に対応いたします。お口やあごについて気掛かりなことや不安なことがおありでしたら、気軽にご相談ください。

口腔外科で治療する主な症状

埋伏歯(親知らず)

埋まっている親知らずや、親知らずに押されて斜めに生えてしまった歯が痛む。または、周囲の歯肉が腫れて痛む。

顎関節症

口が大きく開かない。
あごを動かすと痛みを感じたり、関節からカクカクと音がする。

口腔粘膜疾患(口内炎)

口の中の粘膜がただれて赤い。
口の中に触れると小さな潰瘍(組織欠損)があり、痛む。 

 良性腫瘍

お口の粘膜や歯茎、もしくはあごの骨などに腫瘍(できもの)ができてしまっている。

外傷

転倒などでお口の中を傷つけてしまった、歯が抜けてしまった、もしくは歯がグラグラする。

舌痛症

焼けるような痛みを舌に感じる。
しびれる、ピリピリする、などの違和感がある。

こちらの症状以外でも様々なお口の疾患に対応しております

親知らず

親知らずに関係するお悩みはありませんか?

現代の日本人はあごが小さく、あごの奥に親知らずの生えてくる場所が確保されにくい骨格をしているため、適正な位置にうまく生えてこないことがよくあります。その影響で、親知らずが横向きに生えてしまう、前の方に傾いてしまう、歯の一部だけしか顔を出さないなどの問題が発生します。また親知らずは歯肉や骨の中に埋まったままの状態になることもあります。これは埋伏歯(まいふくし)と呼ばれ、手前の歯を圧迫するため歯並びが乱れたり、隣接する歯に悪い影響を与えたりなど、トラブルの要因となります。そして、埋伏歯と歯肉の隙間から細菌が入り、化膿してしまう可能性もあります。

親知らずは抜歯が必要ですか?

親知らずは適正な位置にまっすぐ生え、噛み合わせにも悪い影響を及ぼしていないケースでは慌てて抜歯することは必要ありません。しかし、たとえ痛みがなくても位置や向きにより、手前の歯が圧迫されて歯並びを崩してしまうこともあります。それが酷くなるととても激しい痛み・腫れが生じ、腫れがひどくなると口が開けられない、飲み込む時に痛むなど、日頃の生活に支障が出ることもあります。僅かでも気掛かりな症状があれば、悪化する前にできる限り早くご相談することをおすすめします。もし抜歯になった際にも、はこぎ歯科では歯科用CTを使用した正確な診断が可能のため、安心して治療を受けていただけます。

顎関節症

心当たりがある方はぜひ相談を

顎関節症の症状をチェック

物を噛むと、こめかみや耳の付け根が痛い。
 口を開けたり閉じたりする時に「ガクン」と音がする。
 口を開けようとしたら、突然、開かなくなった。

 喋ったり、噛んでいたりしていると顎がだるくなる。
 大きく口を開けても、縦に指が3本入らない。

上記の症状でお困りの方は、顎関節症の疑いがあります!

顎関節症になる原因とは

ご自身で気がつかないうちに、生活スタイル、クセ、ストレス、咬み合わせ、姿勢などにおいて、過剰にアゴに負担をかけていることがあります。
「歯並びが悪い」「咬み合わせが悪い」「頬づえをつくクセがある」「食いしばり・歯ぎしりをするクセがある」「ガムを1日中噛んでいる」などそうした要因が複数に重なり合うことで、顎関節症を発症してしまうと考えられています。

口内炎や口の中のできもの

なかなか治らなければ、
早めに受診を!

お口の中のできものといえば一般的に口内炎であることが多いですが、痛みもなくできものがだんだんと大きくなるような場合は、良性腫瘍やガンの可能性もあるので、早めに受診をしましょう。

口内炎

尖った歯の被せ物や詰め物、合わない入れ歯などが当たり、こすれて傷を作るなどの慢性的な刺激が原因で潰瘍(かいよう)になることがあります。平たい灰白色や黄色の膜で覆われている潰瘍は、強い痛みを感じることは少ないです。当たっている尖った歯を歯科医院で丸めたり、入れ歯の修理・調整を行うことで、1〜2週間ほどで治っていきます。

口腔ガン

お口の中にできる悪性腫瘍を口腔ガンといいます。胃ガンや肺ガンと違い、口腔ガンのほとんどを目で直接見ることができます。しかし、見た目が口内炎や潰瘍と似ていることと、その他の潰瘍と比べて痛みも少ないため、口腔ガンだということに気づきにくいことが多いです。「口内炎が2週間以上治らない…」という方は要注意です。早めに受診するようにしましょう。